新着情報

ホーム >> 新着情報
2021年10月のイベント
 登録されたイベントはありません
 
<<前月 2021年10月 翌月>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休館日 … 休館日
地域情報誌
LINE友だち追加

新着情報(開催報告)

2019年6月26日
 
「令和元年度 第1回やまだウォーク 新緑のメタセコイア並木道を歩こう!~メタセコイア並木道・中江藤樹の里散策~」を6月1日に、体育部会主催で開催しました。参加者は58人(スタッフ含む)でした。
 
*
 
新緑のメタセコイヤ並木令和元年6月1日(土)晴天、今までで最高の58名の参加です。補助席を使い1台のバスで9時にセンターを出発しました。
 琵琶湖大橋を渡る頃には薄曇りで日射しは柔らかく気分爽快です。目にまばゆい新緑と一面にかすみ渡る乳白色の湖面に薄墨色の沖島、八幡の山並が浮かび、まるで風水画を見ているようでした。予定通り10時30分には日本初のカタカナの町名、マキノ町メタセコイア並木に到着しました。
 昭和56年に植樹が開始され、地域の人々の手により育まれたという並木道は現在2.5Km500本の壮大な並木道になったとのことです。平成になり韓流ドラマのブームで全国的に知られるようになったようです。
 
*
 
元気に歩きました! そびえ立つメタセコイアは新緑の葉が繁り、外から見るとまるで森の様です。並木道の真ん中に立つと左右対称・放射状に伸び、素晴らしい景観ですが、車道もあり危険なため、並木道の外側を歩きました。右側の外をマキノ高原に向かって2.5Km折り返し、反対側の外を2.5Kmと5Km歩きました。両側とも、栗の林が続いて、収穫時はメタセコイアの紅葉の頃かと思いました。
 日射しは強く、少し汗ばむ程でしたが、眼にやさしい緑と爽やかな風、空気の清らかさに全員元気に歩き通す事ができました。
 
*
 
藤樹書院 昼食後、安曇川町にある史跡藤樹書院を見学し、藤樹の里を散策しました。ここでも1km近く歩きました。藤樹に因んだ建物・庭園だけでなく、今も「心のふるさと」として4つの祭典が年中行事として行われているそうです。
 今回のやまだウォークでは、有形無形の文化を後世に受け継がれていく事の大切さと、それがまちづくりになっている事を学びました。また、見聞を広め、人とのつながりを深める機会となりました。
 
*
 
>> ?????(PDF)