上空から見た老西上学区
にしべい壁画
*
にしなりえ
情報誌
2022年7月のイベント
7月1日
 16:00~幹事会
7月1日
 わんぱくプラザ実行委員会
7月4日
 やすらぎ学級
7月6日
 おいにぃずカフェ
7月8日
 あいさつ運動
7月12日
 19:30~理事会
7月16日
 子どもウキウキクッキング
7月30日
 子ども詩吟体験教室
 
<<前月 2022年7月 翌月>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
… 休館日
友だち追加のサイト
学区紹介

老上小学校におきましては、児童数の増加に伴い過大規模校化が進み、授業や学校行事に影響がでるなど学校の運営に支障を来していることから、その解消を図るため老上小学校を分離して新たに小学校を整備されました。
当核新設校の老上西小学校が平成28年4月に開校されたことに伴い、現在の老上学区は老上学区と老上西学区に分かれることになりました。老上西学区の成立です。
 老上西学区は、「急がば廻れ」のことわざを生んだ旧東海道から矢橋港に向かう脇道の「矢橋道」、近江八景の「矢橋の帰帆」や国指定重要文化財の「鞭崎神社表門」、「石津寺」などがあり歴史文化に触れることが出来る地域です。
近年、幹線道路の整備などにより宅地開発が進み、現在(R2年10月30日)人口は8666人、世帯は3303世帯であり、町内会は19町内会、町内会加入率86.8%となっています。
 大規模なショッピングモールや病院、数多くの就学前施設や介護サービス施設、帰帆島公園等が立地するなど生活に便利な土地柄であり、今後においても人口は増加するものと推計されています。
 老上西学区まちづくり協議会は、地域の人びとの共通の願いの実現や地域コミュニティを強化し、お互いに支えあいながら豊かで安心に暮らせるまち、住み続けたいと思えるまちづくりに取り組んでまいります。

*
鞭崎神社イオンモール帰帆島草津総合病院
「老上西のうた」
作詞・作曲 大町 達人
企画・製作 老上西学区まちづくりセンター
※「老上西の歌」に関する著作権などの一切の権利は老上西学区まちづくりセンターに帰属します。無断ダウンロードや無許可の仕様は禁止しています。
関連サイト
*